子育て中のママが仕事をするとなった場合、子育てと両立しやすい仕事を選ばないといけませんよね。

仕事と言っても、とりあえずパートで軽く働く場合と、フルタイムでしっかり働く場合ではまた違います。

それぞれ、子育てと両立しやすい職種としてどういう仕事があるのでしょうか?

 

パートで人気の職種

 

子育て中のママがパートのお仕事を選ぶときは、次のような点が重視されます。

・子供が病気のとき休みやすい
・時間の融通がきく

この条件を満たすお仕事として人気があるのは、

・軽作業・製造スタッフ
・飲食店(ランチタイム)
・コールセンター

などです。

 

製造スタッフや飲食店のお仕事は、学生のときにアルバイトで経験した人も多いのでは?
比較的簡単に採用してもらえるし、シフトを組んで短い時間で働けるお仕事ですよね。

 

 

コールセンターはちょっと意外かもしれないけど、24時間やっていてたくさんの人数でシフトを組んでまわしていたりするので、時間の融通がきいたり、急に休むときでも他の人にカバーしてもらいやすいようです。

 

キャリアを積める仕事

 

学生アルバイトでもできるような仕事ではなく、しっかりキャリアを積めるようなお仕事がしたいという場合は、お給料の金額が高いかどうかよりも、細く長く働ける職場かどうかを重視して選ぶのがおすすめです。

たとえば、残業がないとか、子育て中の女性が多い職場なら、細く長く働けそうですよね。

 

具体的におすすめな職種の例として、次のようなものがあります。

 

経理

経理って、どんな会社でも必要な、需要の多いお仕事ですよね。
経理の経験があると強いです。

通常、事務系のお仕事って若い人が有利ですけど、経理の経験があるならいくつになっても働けます。

 

医療事務、調剤薬局事務、介護事務

医療系の事務も需要のあるお仕事です。

ただ、医療系の分野は制度がよく変わるので、変わるつど勉強し続ける必要があり、少々大変かもしれません。
でも、仕事ってだいたいそういうものですよね。

 

子育て中は敬遠される?

 

こうした長期的なキャリアを積めるお仕事にチャレンジしたいと思っても、子育て中の女性は敬遠されて採用してもらえないのでは?という不安があると思います。
確かに、小さな子供がいるなら残業はできないんでしょ?とか、子供の病気でたびたび休むんでしょ?って思われて、不利な面はあります。

 

でも、もしあなたがこれらのお仕事の経験者であるなら、企業はやっぱり即戦力がほしいので、子育て中であることがそれほど不利になると心配する必要はないですよ。

 

未経験で、なおかつ残業もできなくて、子供の病気で急に休むかもしれなくて…という状況であれば、確かに敬遠されてしまうかもしれないけど、こればっかりはたくさんアタックしてみるしかないですね。

今はとにかく人手不足なので、未経験で子育て中でも「真面目に働いてくれそう」とか「意欲がある」ということで採用してくれる会社があるかもしれません。

 

未経験なら、最初はお給料が安くてもいいから経験を積むことですね。

とにかく、その職種で1年なり2年なり働けば、もうあなたは「経験者」なんですから、経験者としてより良い条件で転職することも可能です。

 

企業にどれだけメリット与えられるか

 

ポイントは、あなたが企業にどれだけメリットを与えられるかということです。

企業は、あなたを雇うメリットが大きいと思えば雇うし、メリットがなければ雇いません。

 

経験がないなら、やる気をアピールするとか、資格を取って「本当にこの仕事がしたいんです。経験はないけどできる勉強はしてきました」と示すとか。

同じ未経験でも、
「初めてだからていねいに教えてもらえますか?」なんて言う人よりも、
「早く仕事を覚えて戦力になれるようがんばります!」という人の方が企業は採用するメリットがあると感じるのではないでしょうか?

 

 

もちろん、経験があるなら即戦力になりますから企業にとって大きなメリットです。

大きなメリットを与えられるのなら、「お給料はこれくらいほしい」と率直にお金のことを言ってもいいと思いますし、勤務時間の交渉をしてみる余地もあると思います。
募集では18時までとなっていても、16時までにしてもらえないか…とか。

未経験の人に一から教える手間を考えると、経験者が最初からテキパキ働いてくれて、なおかつお給料も2時間分少なくて済むのですから、企業にとって悪い話ではないですよね。

中小企業なら、このあたりの融通がきくことは多いですよ。

 

資格は取った方がいい?

 

企業はとにかく経験者・即戦力がほしいので、時間をかけて資格を取得してから応募するよりは、とにかくたくさん応募して、うまく採用されたところで経験を積む方が早いと思います。

でも、現状何もアピールできるものがなくてまったく採用してもらえないなら、資格取得からチャレンジするのも1つの手です。

働きたいけど子供が保育園に入れないとか、家族に反対されて今は働きに出られないという場合も、いずれ働きたいなら、ただ専業主婦をしているより「今は勉強の時期」と考えて資格取得の勉強をしておくといいですよ。

 

「細く長く働ける仕事」に結びつく資格を選ぼう

ただし、資格を取得するなら、確実に仕事に結びつく資格を選ぶことです。

それも、「細く長く働ける仕事」に結びつく資格がいいです。

 

たとえ難関資格を取得したとしても、その資格がハードワークにしか結びつかないなら、子育てと両立しながら働くのは厳しいです。

極端な例かもしれないけど、たとえば、医師免許ってものすごい資格ですよね。
こんな資格があれば仕事に困らないし、高収入が得られます。

でもお医者さんの仕事ってものすごいハードワークです。
責任も重大で、簡単に休んだりできませんよね。

なので、せっかく医師免許を持っていても、子供ができたら退職して専業主婦になる女性も多いそうです。

 

つまり、とにかく難しい資格を取れば有利ということではなく、まずどんな仕事なら子育てと両立できるか、その仕事に就くために必要な資格は何かという基準で資格を選ぶのがいいですよ。

 

パソコンのスキルも重要

事務仕事の場合は、資格の勉強をして知識があってもパソコンスキルがないと働くときに困ります。

それほど高度なスキルは必要ないけど、早く入力できたり、エクセルをサクサク使いこなせるくらいのスキルは絶対にあった方がいいです。

パソコンは苦手っていう人は、パソコン関係の資格にもチャレンジしておくといいかも。

 

子育てと仕事を両立するならどんな資格がおすすめ?

 

子育てと仕事を両立するならどんな資格がおすすめなのか、一例をあげてみますね。

 

資格必須ではないけどあると有利なもの

医療事務
調剤薬局事務
介護事務
簿記2級

医療系の事務や経理のお仕事につながる資格です。

 

将来独立を目指せる資格

税理士
行政書士
社会保険労務士
FP
翻訳

簡単に取得できるものではないけど、将来独立開業を目指すことも可能な資格です。

子育てが落ち着いてから本格的に働こうという場合、年齢的に就職が難しいと思います。
でも、上記のような資格を持っていると、子育てが落ち着いてから本格的に働き、いずれは独立ということも十分目指せます。

 

子育てしながら自宅でできるお仕事

 

外に働きに出るよりも、子育て中は自宅でできる仕事をしたいという女性も多いですよね。

子育てと両立しながら自宅でできる仕事としては次のようなものがあります。

 

在宅ワーク

内職とはちがって、主にパソコンを使って自宅で仕事をするものです。
データ入力や記事ライティングのお仕事がたくさんあります。

子育ての合間に在宅ワークで仕事をするなら、月3万円くらいが現実的なところでしょうか。

在宅ワークは自由に自分のペースでできる仕事というイメージがありますよね。
確かに、仕事を請ける請けない、仕事に応募するしないは自由なので、たくさん働きたくないなら仕事の量を調整することは可能です。
ただし、引き受けた仕事については、締め切り厳守です。

 

在宅ワークについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

>>子育て中の仕事。主婦におすすめの在宅ワークでどれくらい稼げる?

 

アフィリエイト

アフィリエイトは、ブログなどを作って広告収入を得るお仕事です。
誰かに頼まれた仕事をしてお金をもらうのではなく、自分で仕事を作っていくイメージです。

ブログを作っても見に来てくれる人がいなければ広告収入は発生しません。
なので、最初はしばらく無給です。

でも、どんどん記事を書いてブログを大きく育てていくと、月数万円、数十万円の収入も可能です。

 

アフィリエイトについては、こちらの記事で詳しく説明しています。

>>アフィリエイトで稼ぐ方法。アフィリエイトの種類と手法一覧

 

長期的な視野をもって働こう!

 

外に働きに出るにしても、自宅で働くにしても長期的な視野を持って働くことが大切です。

今いくら稼げるかで仕事を選んではいけません。
最初はお給料が低くても、キャリアアップできる見込みがあるなら問題ありません。

そして、細く長く続けられる仕事を選びましょう。

 

キャリアアップしながら細く長く働くためには、あなた自身が「学び続ける意欲」を持つことが大切です。

 

子育てと仕事の両立にいろいろ不安があるかもしれませんが、戦略と意欲があれば大丈夫です!

子育てと両立できて、自分も成長できるようなお仕事にチャレンジしましょう!