子供を育てるにはお金がかかるっていいますけど、お金がかかる最大の原因は「教育費」ですよね。

高校までずっと公立で、大学も塾も行かないっていうならそんなに教育費はかからないけど、本人がどういう進路に進みたいと言うかはわかりません。

私立に行きたいとか、大学に行きたいって言い出したときになるべく行かせてやれるようにお金を貯めておきたいっていうのは誰もが持つ親心だと思います。

 

では、そのために具体的にいくらくらい貯めておけばいいんでしょう?

 

私立中・高・大学に必要な金額(授業料)

私立大学 : 300~500万円

私立高校+私立大学 : 500~700万円

私立中学+私立高校+私立大学 : 700~1000万円

 

ざっとこれくらいの金額が必要です。

注意したいのは、これは学校に支払う「授業料」ということです。

 

実際には受験のために塾に通ったりもするので、もっともっとお金がかかります。
文部科学省の調査としてよく紹介されている教育費の目安は、もっと高い金額になっているはずです。
あれは、塾代を含めて教育費の調査をしているからです。

それから、上記の金額は私立文系の金額なので、これが理系になればさらに金額は上がります。

また、下宿する場合はもっと金額が跳ね上がります。

 

 

おすすめの教育費の貯め方は?

 

これだけの金額をどうやって貯めればいいんでしょう?

今現在ある程度お金がある人は、不動産投資もいいでしょうし、投資信託などリスクをとって増やせる方法がいろいろあるでしょう。

 

でも、そうではなくてこれから手堅く貯めていきたいという人。

そういう人におすすめの貯め方はどういうものか。

 

学資保険はおすすめしない!?

普通、真っ先に思いつくのは「学資保険」ですよね。

余裕があるときに貯金するというやり方だとなかなか貯まりにくいので、毎月「保険料」として納めることで強制的にお金を貯めることだできるという点は、学資保険のメリットといえるかもしれません。

でも学資保険はあまりおすすめしません。

 

なぜかというと、学資保険って、18歳まで支払って18歳で満期を迎えることになりますよね。
18歳の満期を迎えるまでは引き出せないんです。

高校まで公立で、大学の費用として学資保険に入っていたとしても、もし子供が私立中学や私立高校に行きたいと言い出したら?
高校で塾代が思いのほかかさんで、やりくりが厳しくなってきたら?

想定外のことが起きたときは、貯めてきたお金を先に使って、大学はやむを得ず奨学金で…という柔軟な対応が必要になるかもしれません。

ですが、学資保険の場合18歳までは引き出せないので、それができないんです。

「自由度」がないという点が学資保険をおすすめしない理由です。

 

貯蓄型の「終身保険」を使えばいい!

では、どういう貯め方をおすすめするのかというと、「終身保険」です。
貯蓄型の終身保険に入って、貯まったお金を学費に使うというやり方です。

終身保険は、いつ解約しようと自由です。
返戻率が100%を超えてさえいれば、解約しても損はしません。
もちろん解約せず残しておいて、貯蓄性を高めることも可能です。

このように、終身保険には強制力だけでなく自由度があるのがメリットです。

 

10年を目標に、ハイペースで貯めよう!

 

子供にお金がかからないうち(小学校卒業まで)にハイペースに貯めて、貯蓄性を高めるのがコツです。
できれば10年で貯めることを目標にがんばりたいですね。

 

 

次々と新しい保険商品が出てくるので、いろんな保険を比較して、より活用しやすく、より有利な条件の商品を選びたいものですが・・・

たくさんの保険を自分で比較検討するのは大変ですよね。
なので、わたしはいつもプロに相談して良い保険商品を教えてもらうようにしています。

プロに相談する場合、XX生命とかXX保険など特定の生命保険会社のライフプランナーに相談するのではなく、たくさんの会社の保険を扱えるFPさんに相談した方がいいですよ。

その方が、たくさんの保険の中からより良いものを紹介してもらえます。

 

⇒わたしが利用した保険相談はこちら

 

 

毎月いくら貯めればいい?

 

では、必要な教育費を貯めるために、具体的に毎月いくらくらいの金額をためていけばいいんでしょうか?

例として、目標700万円の場合で考えてみます。

この金額は私立高校+私立大学(文系)の授業料として必要な金額です。
塾代は含みません。

 

700万円を18年で貯める場合・・・月3.2万円

でも18年ではちょっと遅すぎますね。
理想的なのは10年です。

 

700万円を10年で貯める場合・・・月5.8万円

まあまあの金額です( ̄ー ̄;

しかもこれ、一人あたりの金額ですよ。

子供が2人、3人なら・・・?(((゜Д゜;)))

 

 

わたしはこの金額を見て、マジでお尻に火がつきました。

これはやばい!このままでは大変なことになる!!って。

 

収入をUPさせるしかない!!

 

強制力があるから保険に入るのはいいんです。

ただ、いまはマイナス金利の影響で保険でお得感を感じるのは難しいと思います。
定期預金よりはマシという程度に思っておいた方がいいかもしれませんね。

保険では大きくお金を増やすことはできません。

なので、さっき見た金額を毎月ためようと思ったら、ぜんぜん追いつかないんです。

 

 

一番いいのは収入をUPすることです。
というか、それしかないと思います。

 

もしあなたが働いていないなら働くことです。
月5万円でも10万円でも収入が増えれば大きいでしょ?

こういうと、
「保育園代を払って働きに出ても手元にあまり残らない」とか、
「わたしが夫の扶養から外れたら損をする」
なんていう人がいるけど、それって現時点のことしか見てないのでは?

もっと長期的な視野を持って考えてみましょうよ。

 

子供が小学生になってから働こうと思っていても・・・

妊娠中からカウントするとだいたい7年くらい専業主婦をしていたことになりますよね。企業としては、そんなに長期間のブランクがある人を雇いたくないというのが本音です。

なので、たとえ短時間でも、細々とでもいいから働き続けておいた方がいいですよ。

保育園代を払ってあまり手元に残らないとしても、そんなの一時期のことですから。

 

副業で収入を増やそう

 

今働いている人も、副業でもう少し収入を増やせないか検討してみるといいですよ。

仕事と子育てと家事で精一杯なのにこれ以上無理!っていう声も聞こえてきそうですが…

確かに、あまり無理しすぎるのはよくないですけどね。

 

ただ、アフィリエイトなど自宅でコツコツできる仕事もあるので、「子供の教育費どうしよう!!」って危機感を持ってる人はチャレンジしてみるといいかも♪

 

 

わたしは仕事と子育てをしながら、毎日少しずつアフィリエイトの作業もしています。
最初はうまくいかないこともあったけど、今は軌道に乗ってきて毎月10~20万円くらいの収入になっているので、チャレンジしてみてよかったなって思ってますよ。

 

子供の教育費の貯め方(まとめ)

 

子供の教育費の貯め方をまとめると…

終身保険で確実に貯める

副業で収入UP

 

この方法で堅実に、そしてスピーディに貯めていきましょう!

子供の将来のためにがんばりましょうね!

わたしもがんばります(≧∇≦)