アフェリエイトのブログやサイトを作るときにとっても大切なのがSEO対策。

でも、ちまたであれこれ言われているSEO対策を全部やるのは大変だし時間がかかりすぎますよね。

 

アフィリエイトにおいて必要なSEO対策とはどんなものか、また、初心者の人が最低限押さえておくべき3つのポイントについて書いていきます。

 

SEOとは

 

SEO(エスイーオー)とは検索エンジン最適化の略で、Googleで検索結果の上位に表示させるための対策のことを言います。

 

ユーザーは、調べたいキーワードを入れてGoogleで検索しますよね。

その時、検索結果の上位に自分の作ったサイトが出てこないとユーザーには見てもらえません。

見てもらえないということは、インターネット上では存在しないのと同じなんです。

 

つまり、アフィリエイトでブログやサイトを作るときは狙ったキーワードで検索結果の上位に表示されるということが非常に大切なんです。

検索結果で上位に表示されるようにする対策のことを、SEOといいます。

 

SEOの本質。Googleに好かれるためには?

 

Googleは、ユーザーの求めている情報を提供できる記事やサイトを検索結果の上の方に表示させます。

 

「Googleで検索すれば知りたかった情報がちゃんとでてくる。」

Googleはこの状態を常に目指しているんです。

 

だって、Googleで検索したときに

  • 知りたい情報が上の方に出てこなかったら?
  • ここに書いてあるかもと開いてみたら薄っぺらいないようだったとしたら?
  • 1位から10位までほとんど同じ内容だったら?

がっかりしちゃいますよね。

 

上位に表示してもらうためには、ユーザーの求めている情報を提供できる記事やサイトの作成を目指さないといけないんです。

 

もう少し具体的に言うと、次の3点を意識しておく必要があります。

この条件を満たしたものがGoogleに好かれる記事・サイトだといえます。

  • キーワードとの関連性
  • コンテンツの充実
  • オリジナリティ

 

1つずつ具体的に説明しましょう。

 

キーワードと関連性のある記事

 

記事を書くときに、最初に決めるのがキーワードです。

そこで決めたキーワードは必ずタイトルに入れ、できれば前半部分に入れるようにしましょう。

 

例えば、“眉間” “シワ” “クリーム”という3語のキーワードを狙うのであれば、

眉間のシワにいいクリームは? アットコスメで人気の3つを徹底比較!

このような感じのタイトルです。

小見出しにもキーワードを入れる

狙うキーワードは出来る限り、小見出しにも入れた方が良いです。
ただ、全部無理やり入れようとすると不自然になってしまうので注意が必要です。

キーワードにマッチした記事を作る

当たり前のように思えますが、出来ていない人が意外と多いのがキーワードにマッチした記事を作るということ。

ついつい自分の知っていることばかりを書いてしまったり、ユーザーが期待していた情報を書かずに自分の紹介したい商品のことばかり書いてしまうということをやりがちです。

でも、そういうページはすぐに閉じられてしまいます。

 

充実した内容の記事とは

 

次にコンテンツの充実についてです。
内部SEOと言われるもので、中身をどう充実させるかということです。

もっとわかりやすく言うと、あなたのサイトを長い時間見てもらえるようにするということです。

薄っぺらい情報ではなく、役立つ情報を書く

そのためは、もちろん役立つ情報を書かなければいけません。
薄っぺらい情報しかなかったら、すぐ閉じられてしまいますよね。

文字数は3,000文字以上

文字数も結構関係があります。

今は1記事あたり1000とか2000文字ではちょっと少ないかもしれません。
3000文字以上は書いた方が良いと言われています。

でも、ただ文字数だけ増やせばいいという事ではありませんよ。
内容がスカスカでただ単に文字だけ多いっていうのは最悪ですよね。

ちゃんと役立つ情報でボリュームもたっぷりあるっていうのが理想です。

読みやすいように画面に変化をつける

記事を読みやすくするというのも大事なことです。

文字だけびっしり並んでいると読む気が無くなりますよね。
すぐ閉じられてしまいます。

なので、同じことを書くにしても画面に変化をつけていくことも大切です。

たとえば、

  • 適切に改行を入れて読みやすくする
  • 所どころ画像を挟む
  • 箇条書きを入れる

など。

サイト内リンクを貼る

自分のサイトの中で「こちらの記事もおすすめです」など、人気記事や関連記事へのリンクを載せておきます。

関連するほかの記事もいくつか読んでいってもらう事で、あなたのサイトに滞在する時間が長くなるわけです。

記事に動画を埋め込む

記事の中に動画を埋め込むという方法もあります。

記事内で動画を再生して見てもらうと、それだけ滞在時間が長くなりますよね。

 

差別化・オリジナリティのある記事

 

ライバルと被らない記事を作るためには、オリジナリティのある記事作りが必要です。

そのために有効なのが、自分の考えや感情、体験談を書くことです。

最新の情報を載せる

もし以前作った記事が古くなってしまっていれば修正することが大切です。

多少面倒かもしれませんが、特に売れているサイトに関しては小まめにチェックしましょう。

 

サテライトサイトは必要?

 

サテライトサイトとは、自作自演で自分のサイトをリンク付けして、検索結果の上位にサイトを表示させるための方法を言います。

 

確かに、昔はサテライトは効果がありました。

が、現在では自作自演のサテライトはバレてしまいます。

こういうことに力をいれて頑張っても無駄になってしまう・・・ということがあるので、わざわざ作らなくて良いと思います。

 

ただし、自分のサイトから自分のサイトへリンクを付けるのが絶対にダメということではありません。

ユーザーの役に立つ自作リンクは積極的につけておくべきです。

 

例えば、「眉間のしわ」というジャンルで作ったサイトと別に、「目じりのしわ」に着目したサイトを持っていた場合、ユーザーはどちらにも興味がある可能性が高いですよね。

この場合はこの2つのサイトにリンクを貼ることでユーザーの役に立つことができるので積極的にやるべきです。

 

まとめ

 

SEO対策として初心者が押さえておくべき3つのポイントをまとめました。

  • タイトルには必ずキーワードを入れこむ
  • サイトを長い時間見てもらえる工夫をする
  • オリジナリティのある記事で差別化する

 

SEO対策に関するものは他にもまだまだ沢山ありますが、あれやこれやと手をだすよりも、まずはこの3つを大事にして、ユーザーにとって役に立つ記事を沢山書くことが、早く上位に表示されるための近道です!