パソコン作業の効率化ってやっていますか?

わたしは副業でアフィリエイトのブログを書いています。
時間があまり取れない中でブログ記事を書かないといけないので、パソコンの作業効率化はものすごく大切なんです。

ここではわたしが実際にやってる作業効率化の方法を3つ紹介します。
特に難しいものではなくて基本的なことだけど、意外とやってない人も多いのではないでしょうか?

 

1.ハード面の環境を整える

 マルチディスプレイ

「デュアルディスプレイ」と言ったりもしますが、デスクトップPCのディスプレイを2つ使って作業するものです。

こんな感じです。

マルチディスプレイ活用のススメ(I-O DATA)より

 

通常はディスプレイ1つなので、複数のウィンドウを切り替えながら作業することになりますよね。
でも、ディスプレイが2つあればたくさんのウィンドウを並べて作業できるので、すごく効率が上がります。

 

ノートパソコンにディスプレイをつなぐこともできますよ。

中古のディスプレイなら1万円もしないくらいで手に入ると思います。

ノートパソコンとキーボード、

ノートパソコンで作業している人、ノートパソコンってキーボードが薄くて小さいので入力しづらくないですか?

外出先で使うときは仕方ないけど、自宅で作業するときは外付けのキーボードを使うといいですよ。
キーボードなんて安く売ってますよね。

USBでつなぐだけでOKです。

これだけでぐんと入力しやすくなって作業もはかどるし、肩こりも軽減されると思います。

ハイスペックなPC

古いパソコンを使っている人、同時に複数のソフトを立ち上げるとフリーズしたり、操作のたびにカリカリ音がしているのをしばらく待って…なんてことありませんか?

それってすごく時間のムダだし、イライラしてモチベーションも下がってしまうので、可能ならハイスペックなパソコンに買い替えた方がいいですね。

 

2.ショートカットキー

 

ショートカットキーはぜひ使ってください。

マウスを動かして操作するよりも断然早いです。
特に、ブログ記事を書くときに便利なので、最低限この3つは使いなれておいてほしいです。

 

Ctrl+C と Ctrl+V (コピー&ペースト)

Ctrl+X と Ctrl+V (切り取り・貼り付け)

Ctrl+S (上書き保存)

 

マウスで右クリックしてコピー、またマウスで右クリックして貼り付け…なんてやるより絶対ショートカットキーを使った方が早いです。

上書き保存もショートカットキーの方がずっとカンタン。

よく、文章を入力している間、マウス操作で「ファイル」→「上書き保存」とクリックするのが面倒だから、上書き保存しないまま長文を書きあげて、最後の最後にまちがって保存せずに閉じてしまう…なんていう人がいます。
これはもう悲劇です。

ショートカットキーを使えば、文章を入力しながらちょいちょい上書き保存できるので、こんな悲劇も起きません。

 

 

実際にショートカットキーを使いながら原稿をかく様子は上の動画の5:20あたりにあります。
参考にしてみてください。

 

ショートカットキーって、最初は意識して使わないと、ついつい今までの方法でやってしまうと思います。
なので、今日と明日は絶対この3つの操作はショートカットキーを使うんだ!って決めてください。

そうするとだんだん考えなくても使えるようになってくると思います。
使い慣れてきたらまた新たなショートカットキーを2~3個覚える…という感じでどんどん使えるショートカットキーを増やしていくといいですよ。

 

3.重いソフトを使わない

重いブラウザ代表インターネットエクスプローラー

新しくWindowsのパソコンを買うと最初から入っているブラウザはインターネットエクスプローラだと思います。

 

 

でも、そのままインターネットエクスプローラーを使い続けてたらダメですよ。
だって、めちゃくちゃ重いですよね。

わたしはGoogle Chrome(グーグルクローム)を使っています。
無料ですし、簡単にダウンロードしてインストールできるので、まだ使ってない人はこちらからダウンロードしてみてください。

 

>>Google Chromeのダウンロードはこちら

 

重いのはわかってるけど、お役所のオンライン申請やネットバンクでインターネットエクスプローラーしか使えないから仕方ないと思っている人がいるかもしれませんが、
その操作をするときだけインターネットエクスプローラー、普段の調べものはグーグルクローム、と使い分けるといいんです。

常に重いブラウザで我慢する必要はありません。

 

わたしも仕事関係のネットバンクでどうしてもインターネットエクスプローラーを使わないといけない場面があるのですが、グーグルクロームを使い慣れているとインターネットエクスプローラーは遅くて耐えられないです。

 

ブログを書くにあたってネットで調べものをすることがすごく多いので、ブラウザが重い・遅いというのは本当に時間がもったいないと思います。

原稿はWordじゃなくて軽いテキストエディタで

ワープロソフトといえばMicrosoftのWordが有名ですよね。
でも、Wordも結構重いです。
ソフトが立ち上がるまでの時間を測ってみたら4秒くらいかかりました。

ブログの場合、文字の装飾とか段落の設定はワードプレスでするので、いろんな機能がついたWordよりもサクサク動くシンプルなテキストエディタがおすすめです。

わたしがブログの原稿を書くときに使っているのは、秀丸エディタという有料のテキストエディタです。
たしか4000円くらいだったと思います。

秀丸エディタはめちゃくちゃ軽くてストレスなしで使えるのでお気に入りです。
0コンマ何秒、つまり一瞬で立ち上がります。

プロの作家さんも使っているそうですよ。

無料のものがいいという人はTeraPadというテキストエディタがおすすめです。

 

効率化できるところはどんどん効率化しよう!

 

非効率でも慣れ親しんだ方法を変えることができない人って結構いるんですよね。

「マウスの操作くらい面倒くさくない。それよりショートカットキーを覚える方が大変だ」とか
「ソフトが立ち上がる数秒くらい別にかまわない」とか言ってね・・・。

こっちの方がずっと早いですよって教えてあげてもなんだかんだ理由をつけて遅い方法でやり続けるんです。

 

遅くてもその分、質が良くなるとか経験値がたまるとか何かメリットがあるなら、あえて効率化せずに遅い方法でやるというのもわかります。

でも、上で説明した3つの効率化の方法はそういうことじゃないですよね。

ショートカットキーを使わずマウス操作で時間をかけたからといって記事の質が上がるわけじゃないですから。
単に遅いだけ。時間の無駄です。

 

 

時間がたっぷりありあまっている人はそれでもいいけど、時間がない中で目標をもって何かに取り組むという人は、ムダに遅い方法でやり続けているようではダメです。

副業とか子育てしながらアフィリエイトに取り組む場合もまさにそうです。

 

たとえば、1日30分でも作業時間を短縮できたら1ヵ月で15時間、1年で180時間の短縮になるんですよ!

これはバカにできないでしょ?

 

その分もっとたくさん記事がかけるかもしれないし、早く終わらせて子どもとの時間にあてたり自分の好きなことをする時間にした方が絶対にいいですよね。

 

便利なもの、早い方法はどんどん取り入れて効率化できるところは効率化していかないともったいないですよ。