シングルマザーは仕事と育児、そして家事、すべて一人でこなさないといけません。
でも、それって基本的には共働きのお母さんと同じことですよね。

ただ、ちがうのは「仕事を辞めて専業主婦になる」という選択肢がないことでしょうか。
仕事と育児と家事で疲れ果てても、仕事を辞めるわけにはいきません。

また、いざというときに夫婦で助け合うことができないという点があります。

 

こんな状況の中でシングルマザーが仕事と育児、家事を両立していくにはどんなことに気をつければいいのでしょうか。

 

「やらないこと」を決める

 

とにかくやることが多すぎるんです。
あれこもれも完璧にやろうなんて思っても無理です。

最初からたくさんのことを頑張ろうとするとつらくなるのは当たり前。
特に専業主婦だった人が離婚して働き始めた場合、仕事に慣れるまでが大変です。

ですから、仕事に慣れるまでは家事は思いっきり手抜きするなど「やらないこと」を決めてしまった方がいいと思います。

 

やろうと思ってるのにできない ⇒ストレス

最初から「やらない」と決めている ⇒ラク

 

できていること、できていないことが同じでも、このように考え方次第でストレスになったりラクになったりするんです。
できていないことがたくさんあってストレスになっているなら、「やらないこと」を決めてラクになってしまいましょう。

 

たとえば・・・

・毎日掃除をする ⇒週1回でもいいのでは?

・毎日食事を作る ⇒1回作った食事を2~3日かけて食べては?

・朝食を作る ⇒ふりかけごはんにしたら?

 

これだけで、家事の負担がぐんと減りますよね。

夫がいて専業主婦をしているときは、こんなこと許されなかったかもしれないけど、シングルマザーの場合は自分がそれでOKなら何も問題ないです。

あれこれきちんとやろうとせず、「やらないこと」を決めて精神的にラクになりましょう。

 

朝型がオススメ

 

やることいっぱいで忙しいシングルマザーには「朝型」をオススメします。
夜はなるべく早く寝て、その代わり朝早く起きて活動するんです。

なぜ朝型をオススメするかと言うと・・・

夜はイライラしてしまいがち

仕事で疲れて帰って来てから夜に家事をしなければならないというのは本当に大変です。
夜にあれこれしようとせず、夜は疲れているので早く寝たほうがいいです。

子供の寝かしつけをしなくていい

夜に家事をしようとすると、先に子供を寝かしつけてから…と思いますが、子供の寝かしつけがまた大変なんです。
保育園でお昼寝してると、なかなか寝てくれなかったりして。
やることいっぱいあるんだから早く寝てよ~(>_<)ってイライラしちゃいます。

なので、夜は子供と一緒に9時、10時くらいに寝てしまいましょう。
なんなら子供より先に寝るくらいでもいいと思います。
ママが寝てしまったら子供もあきらめて寝てくれます^^

早朝は頭も体もすっきり

すっきりした状態で家事を手早く片付けて、余った時間は自分の自由時間にあてることができます。
録画していたテレビをみるなど好きなことをしてもいいし、資格取得の勉強時間にしてもいいですよね。

ちなみにわたしは、毎日早朝にコツコツとブログを書いていました。
今はもう、そのブログはほとんど更新してないけど、いまだに毎月10万円以上の広告収入が入ってきます。
こんな朝の時間の使い方もオススメですヨ♪

健康的な生活ができる

早起きすると、健康的な生活を送れているという充実感があります。
人より早く起きて活動しているという優越感もあります^^

いい気分で1日をスタートできるというのもメリットです。

 

いろんな人の手を借りる

 

実家が近い人はいいのですが、そうでない場合はいざというときに助けてくれる先をたくさん見つけておくことが大切です。

近所の人に助けてもらおう

子供と一緒に地域の活動に参加して、あなたが一人で子育てをしていることを近所の人に知っておいてもらいましょう。
きっと気にかけて親切にしてくれる人がいるはずです。
「遠くの親戚より近くの他人」と言いますが、やっぱり近所の人が助けてくれると心強いものです。

わたしも地域の活動にはなるべく参加するようにしています。
何度も顔を合わせて気軽に話ができる間柄になると、みなさんわが家のことを気にかけてとても親切にしてくれます。

「仕事は引退したけどまだまだ体は元気だから何か人の役に立てることをしたいんだよ」とか、「子供は大好き。困ったときは預かるから言ってね」なんて言ってもらえることもあって、大変なときはありがたく甘えさせてもらえばいいんだな。。。と思うようになりました。

ファミリーサポートや病時保育

ファミリーサポートといって、お金を払って子供の面倒を見てもらったり家事をお願いできるサービスもあります。
民間のベビーシッターよりもずっと安くて、わたしの地域では1時間800円程度でお願いできます。

自治体によっては、ひとり親家庭への支援制度として、こうしたサービスを無料(または半額など)で利用できるようになっているところもあります。

その他、子供が熱を出したけど仕事を休めないときなど、病時保育というサービスが利用できる地域もあります。

こうしたサービスはいざとなってから急に利用したいと思っても難しいので、事前に登録しておいたり、余裕のあるときに一度試しに利用しておくのがいいと思います。

 

こどもの「しつけ」厳しすぎない?

 

シングルマザーの場合、母子家庭だからと後ろ指さされないように、子供をきちんとしつけておきたいと考える人も多いようです。

その気持ちはもちろんわかります。
でも、その思いにとらわれすぎると、毎日の生活がしんどくなってしまうこともあります。

家はくつろぎの場

考えてみてください。
あなたが仕事で疲れているように、子供も保育園や学校で疲れて帰って来るんです。

それなのに、食事を残すなとか、野菜を全部食べなさいとか、行儀のことなど、いちいちあれこれ注意され、お母さんは怒ってばかり。

これでは、子供にとって家がストレスだらけの場所になってしまいますよね。
家は本来くつろぎの場であるべきです。
それに1日がんばったんだからお母さんに甘えたいはずです。

でもお母さんといる間は、あれこれ細かいことで叱られてばかり・・・。

もしこんな状況になっている場合は、このままでいいのかな?って一度考えてみてほしいんです。

何も注意せず放置しておけということではありませんよ。

命にかかわるような危険なことは注意してやめさせないといけませんし、「どうしてもこれだけは」というわが家のルールみたいなものがあるなら、それも注意するべきだと思います。

でも、あれこれたくさん言い過ぎるのはどうでしょうか。

あせらなくても、そのうち自然とできるようになることもたくさんありますよ。

厳しい「しつけ」で悪影響?

むしろ、厳しくしすぎることで悪影響が出ることもあるんです。
たとえば、大人の顔色を見る子になったり、自分に自信がもてない子になってしまうなど。

「自己肯定感」って聞いたことありませんか?
「自分は大切な存在だ」と自分を肯定する感覚です。

自己肯定感が低いと、自分に自信を持つことができず、悲観的になり、チャレンジできない人間になるそうです。

小さいときから何かにつけていちいち叱られ否定される毎日を送ってきた子供は、自己肯定感が高くなるでしょうか?

 

あなた自身も、イライラガミガミ子供を叱ってばかりの自分がイヤになることってありませんか?
子供を叱った後って、自分も嫌な気持ちになりますよね。

「子供をきちんとしつけるべき」という思いにとらわれて、自分も苦しめていることになるんです。

世間からいろいろ言われないように、という気持ちもわかります。
でも、世間はいろいろ言うだけで、あなたたち親子に対して何も責任をとってくれません。

世間の意見よりも、あなたと子供の幸せを考えましょう!

 

シングルマザーのタイムスケジュールを見てみよう

 

仕事と育児と家事で毎日忙しいシングルマザー。
具体的なタイムスケジュールの例を見てみましょう。

しんどくなるパターンとラクなパターンの2種類を紹介します。

 

 

毎日夕食をきちんと作って、好き嫌いをしないよう子供をきちんとしつけて、その日のうちに家事をきちんと片付けようとすると、ものすごく時間がかかって、なんだかイライラしんどい生活になってしまいますね。

 

 

どうでしょう?

やらないことを決めて、朝型の生活に変えて、子供のしつけをあまり厳しく考えない。

これでずいぶん余裕のある生活になるのではないでしょうか。

 

気楽に行きましょう!

 

完璧主義は自分を苦しめることになります。

やることいっぱいで大変なときは、大事なことだけにフォーカスしましょう。
大事なこととは、子供とあなたの幸せ、それに心と体の健康です。

あとは思い切って切り捨ててしまいましょう。

 

切り捨てた状態がずっと続くわけではありません。
生活に余裕が出てくれば、できることも増えてきます。

仕事に慣れてきたら精神的・体力的な余裕が出てきますよね。
子供も成長してだんだん手がかからなくなってきます。

余裕ができたら、少しずつやることを増やしていけばいいんです。

 

シングルマザーの仕事と育児・家事の両立は、気楽にやればなんとかなります!