「アフィリエイト」って聞いたとき、あなたはどういうものをイメージしますか?

あなたの家族や友人が「アフィリエイトをやってる」って言ったらどう思いますか?

あるいは「アフィリエイトをやってみたい」って言われたら、あなたはなんて言いますか?

 

わたしは現在、本業の収入以外にアフィリエイトで毎月10~20万円の報酬を得ていますが、数年前、アフィリエイトのことをほとんど何もしらなかった頃は、はっきりいって「怪しいビジネス」だと思っていました。

なので、もし家族や友人が「アフィリエイトをやってみたい」なんて言ったら、たぶん止めていたと思います。

 

きっと当時のわたしと同じように「アフィリエイトってなんだか怪しい」とか、「リスクがあるんじゃない?」って思ってる人は多いと思います。

 

なぜ怪しいと感じるのか

 

現在アフィリエイトをやってる人、断念したけど過去にしばらくやったことがある人は、アフィリエイトが怪しいものではないことは当然知っています。

しごくまっとうなビジネス。お仕事です。

 

ではなぜ、アフィリエイトのことをほとんど知らない人は「怪しい」と感じるのでしょうか?

 

数年前、わたし自身がアフィリエイトのことを「なんだか怪しい」と感じていたときのことを思い返してみると、次のような理由があるんじゃないかな?と思いました。

・なんかうまいことやってたくさん稼いでる人がいるらしい

⇒きっと良からぬ事をしているのだろう

・XXするだけでX万円みたいなスパムメール

 ⇒人をだまして稼いでいるのでは?

 

ほんと、何も知らないからこその漠然としたイメージです。

 

ブログを書いたりしてたくさんお金を稼いでいる人がいるらしい…というなんとなくの情報は持っていたんです。
でも、ブログを書いてどうしてお金が稼げるのか、仕組みを知ろうとはしなかったので、どうせ何か良からぬことをしてるんでしょ?って勝手に決めつけていました。

 

そして、ときどき届く「XXするだけでX万円稼げます!」みたいな迷惑メール。
めちゃくちゃ怪しいですよね。

こういうのも、アフィリエイトって何だか怪しい・・・っていうイメージを持った原因だと思います。

 

でも、さっきも書いたとおり、アフィリエイト自体はまっとうなお仕事です。

一部に違法なことをする人や、怪しまれるような手法を使う人がいることは否定できませんが、そんなの本当にごくごく一部です。

 

どの業界にも悪いことをしてしまう人はいると思うんです。もちろんいけないことですが。
でも、たとえばお客さんのお金を横領した銀行員がいたからって、銀行員が怪しい職業ってことにはならないですよね。

 

ごく一部の人たちのイメージだけで、アフィリエイト全体が怪しい仕事と思われてしまうのはとても残念です。

 

アフィリエイトってこういうお仕事

 

では、アフィリエイトは実際にはどんな仕事なのか。

簡単に言えばこういうお仕事です。

  • 役立つコンテンツを作って ⇒わかりやすい記事、動画
  • 見てくれる人を集めて  ⇒キーワード選定
  • 広告収入を得る

 

上の動画では、ASPのサイトコンテストの入賞サイトの例を紹介しています。

ASPとはネットの広告代理店のことで、そこが主催して毎年「サイトコンテスト」というのが開かれているんです。

アフィリエイターが作った、優れたサイトを表彰するものです。

どれもすばらしいサイトですよ。

 

今はちょっと気になることやわからないことがあれば、何でもネットで検索して調べられる時代ですよね。

あなたの疑問に答える役立つ情報が掲載されたサイトは、アフィリエイターが作ったものかもしれません。

 

たとえば、ある化粧品を買うかどうか迷っているとき。
実際に使って写真入りで詳しくレビューしてくれているサイトがあれば参考になって助かりますよね。

この商品とあの商品、どちらを買うべきか迷っているとき。
実際に購入してそれぞれのメリット・デメリットを比較しているようなサイトがあれば、商品を選びやすいですよね。

 

きっと日常生活の中で、何度もこういうサイトの情報を利用していると思います。

こういうサイト、アフィリエイターが作ってるんですよ。

もう一度まとめると、

  • ユーザーは何を知りたいだろうか?
  • どんなキーワードを打つだろうか?

を考えて、それに答える役立つサイトを作るのがアフィリエイターの仕事なんです。

 

トップクラスのアフィリエイターは、ネットを使って集客したり販売する方法を熟知してるので、企業のコンサルティングをしている人も多いんですよ。
良い商品・サービスをもっているのに、ネットがうまく活用できなくて集客・販売に悩んでいる企業は多いですからね。

成果を上げているアフィリエイターは、みなさん真面目で努力家です。
そして、ものすごく研究熱心。

当初わたしが抱いていた「怪しい」イメージとは間逆の人たちなんですよ。

 

大手の上場企業もたくさん

 

ASPには上場している大企業もたくさんあります。
たとえば、A8.net、バリューコマース、アクセストレード、JANet、レントラックスなど。

 

アフィリエイトは広告収入で成り立つ仕事ですが、広告主も有名な大企業がたくさんあります。
たとえば、リクルート、ファンケル、ポーラ、大正製薬、JTB、新生銀行、ベネッセなどなど。

こういう有名企業の商品を紹介して報酬を得ることもできるんですよ。

 

どうですか?

これでもまだ怪しいですか?(^-^;

 

どういうものかよく知らなかったから「怪しい」と感じていただけで、どういうものが知れば、実は「ちゃんとしたお仕事」だとわかるはずです。

 

アフィリエイトは危険?リスクがある?

 

怪しい仕事じゃないのはわかったけど、アフィリエイトを始めるには色々リスクもあるんじゃないの?と思う人もいるかもしれませんね。

どんなリスクが考えられるか、あげてみました。

 

お金を失うリスクはある?

社員やアルバイトとしてどこかに雇われるのではなく、自分で何かビジネスを始めるとき、必ず初期投資が必要ですよね。

たとえば、小さなお店を開くのでも、最低数百万の資金が必要です。
小さな会社をおこすにしても、事務所を構えて人を雇って…となるとまとまったお金が必要です。

それに比べると、アフィリエイトの場合、初期投資はものすごく少なくて済みます。

具体的にはパソコン1台と数万円程度でしょうか。

数万円というのは、レンタルサーバーの費用や、サイト作成に必要なソフト、アフィリエイトの手法を学ぶ教材などの費用です。

 

高い教材や高額塾が必要なの?って心配な人もいるかもしれませんね。

はっきり言って教材は必須だと思います。
でも、2~3万も出せば、しっかりした良い教材がありますよ。

アフィリエイトに限らず、仕事のために何か新たに勉強しようと思ったら、その程度の費用は普通にかかりますよね。

 

何十万円もする高額塾については、わたしはあまり必要ないかな?と思っています。

自分を追い込むためにあえて高いお金を払って塾に入るという人もいますし、塾で仲間と切磋琢磨して伸びる人もいるので、このあたりは人それぞれですが。

 

わたし個人の感覚としては、塾よりも個別コンサルを受けた方が、結果は出やすいような気がしています。

個別コンサルっていうのは、アフィリエイトである程度結果を出せた人が、自分のやっている手法を個別に教えてくれることです。

いくらか払って個別コンサルをしてくれる先輩アフィリエイターを探してみると良いのではないでしょうか?

わたしも個別コンサルを受けて、成果が出るようになりましたから。

 

時間を失うリスクはある?

アフィリエイトは、お金よりも「時間」を失うリスクの方が高いかもしれません。

アルバイトなどとちがって、やった時間分だけお金をもらえるわけではありませんよね。
特にはじめのうちは、報酬ゼロという状態がしばらく続きます。

時間をかけてがんばったとしても、がんばる方向性が間違っていたら結果はでません。

 

でも、正しい方向にさえやり続けていれば必ず成果は出ます。
成果が出れば、これまでかけた時間は「時間を投資した」ことになります。

一方、途中であきらめて成果が出る前にやめてしまった場合は、これまでかけた「時間を失った」ことになるんだと思います。

 

お金・時間を失うかどうかは自分次第

 

アフィリエイトの世界は、ぜんぜん稼げないまま辞めていく人が本当に多いです。

きっと、簡単に稼げると思って始めた人は、現実を知ってすぐにやめてしまうんだと思います。

でも、そこをガマンして続けた先に成果があるんです!

子育て中で十分な時間が取れないとしても、たとえ少しずつの作業でもコツコツ続けていれば、いずれ成果が出ます。

 

やめてしまう人が本当に多い世界ですから、何年も続けることができれば、それだけで勝ったも同然なんですよ♪